2006 年 7 月 のアーカイブ

地元

2006 年 7 月 31 日 月曜日

本日も地元を回る。
来月22日の自民党北関東、南関東ブロック大会の打ち合わせ。
夕方から行徳で、地元の方々と懇談。

盆踊り

2006 年 7 月 30 日 日曜日

終日地元。夜は、盆踊り会場を巡る。

偽装問題

2006 年 7 月 28 日 金曜日

本日は朝から都内を回る。
その途中で、「テレビをみたよ」というメール、電話がかかってくる。
午後、議員会館に国土交通省。耐震偽装問題。まだまだ事件は終わっていない。耐震改修が必要な、いわゆる耐震強度が基準の0・5以上1以下というマンションについて、特定行政庁(地方自治体)の対応がばらばらになっている問題。横浜市などは、強度不足の建物の改修に対する補助を、偽装とは関係なく制度化している。川崎市など、現在の制度の耐震改修補助を使って、やろうとしている自治体もあれば、まったく援助をしないと決めた自治体もある。やはり統一基準を作るべきだろう。
夜は盆踊り回り、小島武久県議の選対の納涼会など。

妙典へ

2006 年 7 月 27 日 木曜日

今日もテレビ。
朝、東京メトロ妙典駅。ビラの配布は順調。駅立ち後、テレビのインタビュー。
鬼高、原木方面をあいさつ回り。途中で、「もう素材は揃った」とのことで、テレビは離脱。
午前11時、八幡のJホテル。女性の会の昼食会で、昼食前に国会報告。私は昼食をとらずに、国会へ向かう。
午後1時、伝統と創造の会総会。8月15日の終戦記念日の会のアピールを協議。
そのまま、雑誌WILLさんの来月号に掲載される座談会の収録。テーマは新総裁に望むこと。改革の継承、経済の話、戦後60年のゆがみの是正、教育、外交、防衛など話は多岐にわたったが、今の日本に教育や憲法を中心として直さなければいけないところがあるという認識は、皆一致している。
議員会館に戻り、来客。
地元に向かう。
途中、JR小岩駅で下車。不動産十日会の屋形船の出発を見送る。ごあいさつ。
午後5時、田尻の工場で、経営者やその仲間のみなさんとの座談会。苦労話を聞く。予定時間はオーバーし、1時間以上盛り上がった。
夜は盆踊りに3か所うかがった後、青年会議所の正副理事長会議。諸議案に公益法人法改正の話も。

フジテレビ

2006 年 7 月 26 日 水曜日

今日から2日間、フジテレビが密着取材することになった。自民党総裁選の関係で、各候補の応援団の活動を取材するそうだ。麻生太郎外相の応援団で、私が選ばれた。放映は、28日朝の「とくだね」。
午前、自民党市川支部役員会。新体制の顔合わせ会。ごあいさつ。テレビが入っていたので、みんなに冷やかされる。
昼食をはさみ、地元のあいさつ回り。行徳、浦安地域をごあいさつ。
夕方から東京へ。議員会館に立ち寄り、雑用、来客。
夜は自民党総研と1年生議員の勉強会。約20人参加。

屋形船

2006 年 7 月 25 日 火曜日

朝6時過ぎ、市川市の卸売市場。ちょっと遅くなったが、国会終了のごあいさつに回る。
午前7時、東京メトロ行徳駅。そのけんニュースの配布。
地元であいさつに回る。市川市医師会などを訪問。
午後5時、市川商工会議所の屋形船の同乗。屋形船は乗ってしまうと降りられないので(当たり前ですが)、ほとんど乗ることができない。楽しいひと時。
午後9時過ぎに下船。八幡で青年会議所の打ち合わせ。

千葉市へ

2006 年 7 月 23 日 日曜日

雨。いやな天気が続く。
地元。午後から久々の千葉市内であいさつ回り。
夜も千葉市内。千葉テレビの方らと食事する。

盆踊り

2006 年 7 月 22 日 土曜日

地元を回る。
午後からほおづき市。
夕方から盆踊りを巡る。行徳地区と、八幡地区。どうしても、話し込んでしまうので、ベテラン代議士のように、10数か所もは回りきれず。反省。

3派

2006 年 7 月 21 日 金曜日

午前中、あいさつ回り。
午後から都内。午後2時、議員会館。来客。
雑用。
夕方は、穴吹工務店さんのサーパスマンション1000棟達成記念パーティー。出身である高松の会社ということもあり、お呼ばれした。社長にごあいさつ。
夜、旧宏池会の若手議員の懇親会。新聞風に書くと、河野グループ、丹羽・古賀派、谷垣派の計3派に所属する若手の集まり。今後も、こうした会を開いていくことや、夏に研修会をやろうという話になった。

夏祭り

2006 年 7 月 20 日 木曜日

朝、都内ホテルにて、米国人の証券マンらと朝食会。意見交換。特に我が国の文化について、深く理解されていることに驚いた。
午前10時半、議員会館。東日本高速道路株式会社。外環について。
正午、グループ例会。麻生大臣も出席し、北朝鮮のミサイル発射にかかわる国連決議に関する報告。
議員会館にて来客。
夕方、地元へ。市川の胡禄神社の夏祭り。夏祭りシーズンが始まった。週末はピーク。
近所の数件をあいさつに回り、再び都内へ。
会食。