2008 年 1 月 のアーカイブ

往復

2008 年 1 月 31 日 木曜日

本日で1月も終了。本当に早い。
教は国会の会議と地元の新年会をいったりきたり。

取り下げ

2008 年 1 月 30 日 水曜日

暫定税率のつなぎ法案、いわゆるブリッジ法案は議長斡旋で取り下げとなった。
議長の斡旋案は、1、予算案については、公聴会や参考人質疑などの審議を尽くす 2、3月31日までに一定の結論を得る 3、そのに基づいて、ブリッジ法案は取り下げる というものだ。
朝から国会があれまくり、午後も国対が開かれ、待機していたが、本会議は結局開かれないことになった。
確かに、「ガソリンを下げる」という分かりやすい、ポピュリズムともいえる主張には抗議しなければならない。しかし、予算審議の前にブリッジ法案審議というのも、最後の手段とはいえ、正常な姿ではない。いずれにしても、予算委員会で議論をすればいい。私も許されれば、質問に立ちたい。
今日は合間をぬって、多くの来客をいただいた。
千葉県神社庁長の宮間さんら。
米国大使館のナッパー政務部次席。米国大統領選挙、中川昭一代議士を会長とする保守系勉強会、中国問題などなど、話題は多岐に。
本会議がないことが決まった後、自民党総合政策研究所の勉強会。
夕方から地元。通夜、新年会。今日は小島武久県議の新春の集いも開催された。

あれる

2008 年 1 月 29 日 火曜日

朝から衆院予算委員会。暫定税率を2か月延長するいわゆる「ブリッジ法案」の提出するかどうかを巡り、緊迫しているが、まだ提出前ということで、野党も審議に応じている。
午後からの委員会で採決が行われ、賛成多数で可決、成立した。その後、地方税に関する改正案が総務委員会で可決され、午後8時から本会議となった。
八幡で前回の選対でお世話になった方々との懇親会をセットしていたが、あいさつだけでご無礼をした。お世話になっている方々だけに、本当に残念だったが、あくまで本業優先ということで、理解していただいた。本当にありがたい。
深夜になって、ブリッジ法案が提出された。明日からは大荒れとなるだろう。
奇策といえば奇策だが、成立しなかったとき、4月の大混乱、経済パニックを考えれば、やむを得ない。ただ、我々も大いに反省して、暫定のあり方そのものを議論していかねばならない。

暫定

2008 年 1 月 28 日 月曜日

午前中は千葉県庁を訪ねました。白戸副知事とお会いして、色々なお話。記者時代に世話になった県庁職員にも再会。
今日も国会は予算委員会。暫定税率で時限措置を定めた法案を出すとか出さないという話がマスコミを賑わせている。本当は年度末の期限までにきちんと法律を通すのが筋であろうが、いかんせん、衆参がこういう状況。自民党も民主党も関係なく、政治そのものが国民から見放されるような気がしてならない。

報告会

2008 年 1 月 26 日 土曜日

本日は終日、地元です。
信篤後援会の国政報告会を開催していただきました。
寒い中、大勢の方にご参加いただきました。現在の国会情勢、暫定税率の話、地域の諸課題、年金問題、そしてアメリカの大統領選挙まで、お話をさせていただきました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

予算委

2008 年 1 月 25 日 金曜日

衆院予算委員会がスタート。
経済、金融に関する集中審議が行われた。特に関心が高いのは、建築基準法改正による経済への悪影響の部分だ。GDPを確実に押し下げている。
昨年6月施行の法律ではあるが、大臣認定の構造計算ソフトがいまだ出来上がっていない。したがって、確認業務が大変、遅くなっている。現在、仮認定をしており、来月中には認定の運びだというが、国交省の準備不足の罪は重い。
合間を縫って、来客。JR東日本。京葉線沿線の騒音対策について。
夕方から夜にかけて新年会。
外環道路については今日、国交省が事業認定に向けた取り組みを開始するとの記者会見が予定されている。

補正予算

2008 年 1 月 24 日 木曜日

補正予算に関する予算委員会が28,29日に決まった。明日25日には、集中審議を行うという。29日は夜の本会議になるのだろうか。
今日は葬儀に出席の後、都内へ。為公会例会に出席。意見交換。
議員会館で雑用。
夕方から地元。新年会。

たくさん

2008 年 1 月 23 日 水曜日

議論の舞台は参議院に移った。衆議院は予算委員会の前の一時休戦といった状態。しかし、補正予算の委員会をいつ開くのかといったことすら、与野党の攻防になってしまっている。少なくとも、委員会は堂々と開き、審議をすべきではなかろうか。
今日も多くの新年会を回った。商店会の話を伺うと本当に厳しい現実を突きつけられる。
大企業のキャッシュフローを増やすだけではなく、従業員の給料が上がり、結果的に街なかにお金が回るような施策を実行すべしだ。

代表質問2

2008 年 1 月 22 日 火曜日

本日は代表質問その2。公明党の太田代表、共産党、社民党が質問に立った。昨日と同じような内容であった。淡々と進んでいる。予算委員会の前の静けさといった状況だ。
本会議終了後、中川昭一代議士が会長を務める真・保守研究会勉強会。京都大学の中西輝政教授をお迎えして、世界の政治情勢や日本の方向性についてのお話を伺う。米国の大統領選、ロシアの権力状況、対中国など、わが国を取り巻く国際情勢は厳しい。
夜は地元で新年会。

2008 年 1 月 21 日 月曜日

 朝、塩焼幼稚園にお邪魔する。近くの今井さんが、毎年、園児達に雪のプレゼントを続けている。ごあいさつ。「寒いからといって、家の中にいないで、外で遊んでね」。実は記者時代にもこのイベントを取材して、写真付きで記事を掲載したことがある。10トントラック5台分の雪は壮観だ。
今日の国会は福田総理の施政方針演説に対する各党の代表質問その1。
自民党から伊吹文明幹事長、民主党の鳩山由起夫代議士、古川元久代議士が質問に立った。
ガソリン税が大きな焦点になっている。目先の話だけではなく、長期的な視野での議論も必要。暫定という形がいいのかどうか。税率が今のままでいいのか。環境面を考えれば、最大の炭素排出源でもある。
暫定をやめて今の税体系を本則として、環境対策などに使途を限定するというのも1つの考え方だ。
夜は新年会。