2009 年 1 月 のアーカイブ

ミニ集会

2009 年 1 月 31 日 土曜日

浦安市内の団地の集会所での、ミニ集会。様々なお話をいただく。使い勝手の悪い国のいろいろな制度への提言、防災対策などなど。こうした集会を積み重ねて、建設的な意見を聞けることは、非常にありがたい。

あちこちで、こうした集会を開いていただいているが、自民党とか民主党とかではなく、現状の政治状況に対する不信をひしひしと感じる。

小選挙区制度というのは、二大政党制を前提とし、そこにいずれ修練していくのであろうが、その二大政党が両方とも政権担当能力を有していることが、その大前提。少なくとも、自民党に所属する人間としては、自民党に対する不信感を1つ1つ払拭していくべく、こうした努力を重ねていくしかないと日々、痛感している。

本日も、あいさつ回りに加えて、多数の新年会にお邪魔しました。

暴挙

2009 年 1 月 30 日 金曜日

役人がとんでもない暴挙に出てきた。公務員制度改革で、機能の移管に反対している人事院の総裁が、国会公務員制度改革本部への、出席を拒否してきた。とんでもない暴挙だ。

この総裁は郵政省の次官を務め、総務省所管の団体の理事や人事院の人事官を務めた人物。ザ・役人ともいえる人物だ。

だいたい、制度改革推進本部は、総理が本部長を勤める会議。行政府の長である総理の主宰する会議に、役人が出席を拒否するなど、とんでもない話だ。総理には徹底的に戦ってもらいたい。というよりも、国益ではなく、役人の利益を優先するこのような方には、即刻退場願うべきではないか。

今日は、国会見学の小学生たちとの懇談。一度、地元に戻り、新年会にてごあいさつ。国会にて本会議。代表質問の続きが行われました。

わたり

2009 年 1 月 29 日 木曜日

衆院での代表質問。麻生総理は細田幹事長の質問に答える形で、「わたりを認めるつもりはない」と明言した。総理は以前から、そんな申請を俺が認めるわけはないとしていたのだが、公の場所で明言したことに大きな意義がある。

天下り先を渡り歩くわたりは、役人の特権の象徴的な事案でもあった。これを断ち切ることができた。公務員改革関連法が、3年の経過措置の期間を設けているが(法律の責任者は渡辺よしみ大臣・当時)、この3年間も好き勝手なことをさせてはならない。

この次は、制度改革の工程表、タイムスケジュールの作成という段階。しかし、人事院が機能の移管に猛反発している。第一ラウンドは、わたりの禁止という形で、押し切れたが、これから第二ラウンド。「抵抗勢力」ともいえる人事院の猛反対を押し切れるか。言うことを聞かない役人は、去ってもらうぐらいの気構えでやらなければ、こっちがやられる。

総理が就任時に通達した「省益より国益を考えよ」という言葉を、人事院はかみしめるべきだ。

朝は、駅頭。

千葉県ビリヤード協会の皆さんが、事務所にお越しをいただいた。千葉国体の公開競技であるビリヤードの開催について、お話を伺う。

昼から国会。本会議。夕刻から勉強会。医薬品のネット販売に関する勉強会など。

施政方針

2009 年 1 月 28 日 水曜日

国会は衆院本会議で麻生総理の施政方針演説。

世界は新しい時代に入ろうとしている。「新しい秩序作りへの貢献」「安心と活力ある社会の構築」を柱とした施政方針であった。我が国が開国と明治維新、敗戦と戦後改革という二度の大きな危機を乗り越えてきたとして、現在の三度目の危機を変革のための好機と捉えて、創意工夫と技術で克服するという決意が示された。

政策面は「短期的な景気対策、中期的な財政再建、中長期的には改革による経済成長」という三段階を改めて示し、雇用や生活防衛のための具体策も述べた。社会保障、教育、環境技術、外交など他分野に渡った演説であった。

これを実行するための裏付けとなる予算。これを一刻も早く成立させることは、国会の義務だ。真剣に国会改革の議論をしなければならないと痛感している。やります。

夕刻からの新年会は4件。松永鉄兵・市川市議の新春の集い、商店会の新年会などに伺いました。

補正成立

2009 年 1 月 27 日 火曜日

2日にわたる両院協議会が、夕方ようやく終わり、第二次補正予算が成立した。ただ、執行のためには、関連法案が成立しなければならない。この法案は、参院に送られているが、未だ審議すらされていない。

両院協議会もそうだ。異例の2日間。それも、昨晩は協議会議長が一方的に散会を宣言した。あらゆる手段を使って、引き延ばそうとしているが、これがスピード感のみならず、政治への不信を増大させるだけということに、なぜ彼らは気づかないのだろう。情けない限りだ。我々はどんな境遇にも耐え、関連法案を成立させ、景気対策を実行に移さなければならない。

昼に党本部で行われた「労働者派遣問題研究会」。その中で派遣や請負の失業者が40万人になるのではないかという業界予測が示された。現場の状況の深刻さを示す数字で、対応策を考えておかねばならない。ただ、失業対策のセーフティーネットと、派遣の問題とは、きちんと切り分けて考えなければ、ただ、雇用機会を喪失させるだけの結果になりかねない。

失業対策には、住宅の手当や生活保護、雇用創出策などのセーフティーネットを次々と準備する必要がある。派遣の問題に対しては、いたずらに派遣ができる業種を絞り込むのではなく、高額のピンハネ、手数料を取っている悪徳業者を認めないようにするとか、労働関連保険に入っていない業者に対する罰則を強化するなどをしなければならない。さらには、中途解約においては、新しい職場を確保するとか、残った契約期間の給与を保障させるなどの措置も必要だろう。でなければ、真面目に派遣業務を行い、雇用を増大させている会社がつぶれてしまう。

保険にも入らず、高額のピンハネを行っている業者をのさばらせ、真面目な会社をつぶしたのでは、本当に雇用機会を失わせ、ひいては産業の競争力もなくなる。早急に手を打たねばならない。出来れば、年度内に法律改正まで持って行きたい。

本日はそのほか、官邸での打ち合わせ、全国青色申告会の大会、地元の地区後援会役員会などでした。

異例

2009 年 1 月 26 日 月曜日

第二次補正予算案の審議は、衆院の議決に対し、参院では修正議決となった。憲法の規定により、両院の議決が異なる場合には、両院協議会が行われるが、今回もまた、両院協議会が行われることになった。

その間、我々は議員会館で待機。普段は時間が無くて読めない読書をしたり、原稿を書いたりして過ごすが、本日はいつまでたっても開かれない。両院協議会は衆参の代表者が集まって、くじで議長を選び、協議する。成案を得ることがもちろん、目的ではあるが、物別れに終わり、そのまま衆院本会議が開かれることがほとんどだ。

ところが今日は参院の代表者である民主党議員が、両院協議会の審査が不十分だとして、一方的に散会を宣言して、持ち越してしまった。従って、27日にもう一度、両院協議会をやり直し、さらに本会議を開くという手続きとなる。来年度の予算に向けた政府4演説もまだ行われておらず、年末までの日程が非常にタイトな中で、本当に理解できない。

我々自民党にも直さなければならない点は多々あるが、いつも言っているように、採決を棄権するとか、審議を引き延ばすというのは、最も愚劣なやり方だ。堂々と反対して、反対の理由を主張すればいいことではないか。重要法案、注目度の高い法案を人質に取り、このようなやり方をするのは、全くの暴挙としか言えない。

こうした異例の事態が先例として続くことがないよう、心したい。

本日は朝、東京メトロ東西線行徳駅。そのまま塩焼幼稚園。この地区に住む今井貞夫さんという方が、17年間も幼稚園に雪のプレゼントを続けている。ダンプ6台で新潟から運んでくるそうだ。子供達の顔が何ともいえなかった。私から今井さんに感謝の気持ちを込めて、感謝状を用意し、園児達の前で手渡した。

その後、国会に出ましたが、そのような状況で、結局第二次補正予算の成立は持ち越し。お呼ばれしていた新年会を4件、急遽、キャンセルすることになりました。

ダッシュ

2009 年 1 月 25 日 日曜日

市内の様々なイベントを駆けめぐりました。それこそ、ダッシュで走り回ったという印象です。麻生政権に対し、また、国会全般に対し、非常に厳しいご意見をいただきます。発言にぶれがあること、漢字の話。麻生さんをお支えする一員として、非常に情けなく、また申し訳なく、私も含めて説明不足を反省しています。私自身は「議席は預かりモノ」という初心を忘れず、色々な話を伺い、政策に反映していきます。

今日はもちつき巡り、将棋の会でのごあいさつ。

自衛隊父兄会新年会では、自衛隊を後方から支えて頂いていることに感謝申し上げると共に、ソマリア派遣に対する考え方をお話いたしました。当該地区を、多数の日本船籍船が通過し、諸外国の艦艇が、実際に海賊と交戦状態になっていること。警察に近い行動とはいえ、海上保安庁の船では1隻しか、遠方に出かけられる船がなく、また海賊の武装が非常に重装備であることから、自衛隊の皆様にご苦労いただくことになることなどを申し上げました。

そのほか、身体障害者福祉会新年会で、議員立法を目指しているハート購入法案の説明、自治会の新年会、鯉のぼりフェスティバル実行委員会、松永おさみ市川市議の新春の集い、クリーニング業組合さんの新年会、美術会の新年会、若芝会の新年会にお邪魔しました。

駐日米大使

2009 年 1 月 24 日 土曜日

米国・オバマ新政権の新駐日大使にジェセフ・ナイ氏が内定したとの情報。国防次官補などを歴任した大物で、わが国をよく知るいわゆる「大物知日派」だ。

昨年暮れに訪日された際にお会いしたが、特に軍事面におけるアジアのパワーバランスについての造詣が深い人物である。

昨今、オバマ新政権は、中国をより重視し、日本を軽視する、いわゆる「ジャパン・パッシング」が起こるのではという懸念も指摘されている。ナイ氏の起用が本当だとすれば、こうした評判を覆す起用だけに、大いに歓迎したい。米国側の日米同盟重視を表すメッセージとの受取ってよいのではないだろうか。

千葉県地方議員連絡協議会の女性局新春研修会。ごあいさつ。事務所への来客、原稿書き。夕方から新年会。

防災

2009 年 1 月 23 日 金曜日

中央防災会議が荒川が決壊した場合の地下鉄への浸水被害などの想定を公表した。100近い駅が浸水被害にあい、完全に水没する駅も続出する。

一部の地下鉄にはこうした事態に備えて、防水設備が設置されているが、十分ではない。恐ろしい事態が想定される。

昨今の経済情勢の悪化を受け、公共事業の前倒しが行われているが、キーワードは防災だろう。公立学校の耐震化もそうだが、「やらなくてもいい事業」ではなく、安全のために「いずれ、やらなければならない事業」を前倒しで行うべき。

私の選挙区の地域をみても、学校の耐震化に加え、橋梁の耐震化、ゲリラ豪雨に備えた浸水対策など、「いずれやらなければならない事業」は山積している。こうした状況をむしろチャンスと捉えて、安全・安心のための事業を前倒ししていきたい。

本日は、地元にて各種の新年会、お通夜への参列などでした。

オバマ大統領

2009 年 1 月 22 日 木曜日

米国でオバマ大統領の就任式。お祭り騒ぎのような盛り上がりだが、就任演説は非常に現実路線であったと思う。

暴力と悪意に対する戦争、経済の弱体化を指摘したうえで、「責任」の新時代、将来世代のための「自由」で締めくくった。抽象的ではあったが、未来に対する我々世代の責任ということを、強く意識し、国民1人1人が責任を共有することで、国が一丸となって、危機を乗り越えようという強い意志を感じる内容であった。

わが国は、第二次補正に対する参院の意思はまだ示されていない。いつもながらの、「審議不十分」という名の引き伸ばし戦術。「国会改革」を本当にやりたい。一院制も含めて定数削減、スピード感のある国会が必要だ。

本日は総務省との打合せ(地上波デジタル放送についてと、NHK予算について)、海上保安庁との打合せ(海上交通の安全のための法改正の準備、海保全般の装備などについての意見交換)。

神社庁の方なども来館いただきました。

午後から地元。千葉市での新春祝賀会、市川市内での新年会。