2009 年 1 月 4 日 のアーカイブ

派遣村

2009 年 1 月 4 日 日曜日

日比谷公園の派遣村に数多くの人が集まったため、厚生労働省が講堂を開放した。政府施設はもともと税金で作られたもの。国家安全などに関わる場合などを除いては、どんどん解放すればいい。
労働者派遣法のこれまでの歴代に渡る改正で、派遣の門戸が広がってきた。派遣の人たちの正社員化を進めたり、契約延長をする動きもあり、喜ばしいことであるが、大きな動きにはなっていない。
派遣先企業の問題だけではなく、そもそもの契約関係にある派遣元の会社、いわゆる人材派遣業者にも、きちんとした対応を促していきべきだろう。安定した派遣先を契約者に提供する責務が、こうした業者にはあるはずだ。
いずれにしても、短期的な「救済」、中期的な「法律改正」、長期的な「日本的な雇用の枠組み」の議論をスタートさせたい。