2009 年 1 月 13 日 のアーカイブ

補正通過

2009 年 1 月 13 日 火曜日

今年度第二次補正予算案が衆院を通過した。定額給付金ばかりが話題になっているが、政府はその他のメニューもきちんと広報すべき。新聞広告などでやっているが、まだまだ足りないというのが実感で、広報強化を提言した。

この日通過したのは、第二次補正予算案のほか、「地方交付税及び特別会計に関する法律改正案」(地方財政の現状に応じて、交付税の総額を確保するための改正)、「財政投融資特別会計からの繰り入れ特例法案」(いわゆる特別会計から、景気対策のための資金を一般会計に繰り入れることができるようにする。これにより財政投融資特会から、4兆円余りが繰り入れられる)、「銀行の株式保有の制限に関する法律の改正案」(経済状況に鑑み、銀行保有株式取得機構による株の買い取りの期限を延長する)、「道路整備臨時交付金の特例法案」(地域経済の現状に対応して、交付金の限度額を定めるもの)でした。

渡辺よしみ氏の行動はもう終わった話だが、内閣の一員である政務官が退席という暴挙に出た。まだ議員であれば話は分からなくもないが、提出側が造反するというのは、まったくもってふざけた話。であるなら、予算編成過程で、なぜモノを言わなかったのか。理解に苦しむし、政務官を辞任するだけではなく、党は公認内定を取り消し、党員資格を停止するぐらいの処分をすべきだ。でなければ、政党機能の停止である。

私自身は、朝から国会対策委員会、午後からは総務委員会と缶詰。夕方から本会議。その合間に、官邸での打ち合わせもありました。