2009 年 1 月 16 日 のアーカイブ

わたり

2009 年 1 月 16 日 金曜日

いわゆる天下りの問題で、退職した公務員が、天下り先を転々とする「わたり」の問題が取り上げられている。

この「わたり」の大きな問題点は、短期間で次々と高額な退職金を得ること、さらにはそうした天下り先に、税金が投入されていることなど、数多い。

退職後に自分で就職先を見つけ、その会社が自助努力で商売をして、その中から給料をもらうのであれば、これは問題はない。要は国民の知らないところで公務員が再就職と称して、次々と団体を渡り歩き、そこの多くの税金が使われていることが無駄であり、許してはならないことなのだ。

私は公務員が退職したら、どこにも再就職してはいけないなどと言うつもりはない。民間の人たちと同じように、自ら再就職先を探し、仕事において能力を発揮してくれ、それに見合っただけの給料をもらうことに異議を唱えるつもりもまったくない。

そのことと、公務員だから、退職後も税金で面倒を見てもらうというのはまったく別次元の話である。このことをきちんと切り分けて議論をし、少なくとも、公務員が再就職している団体などに公費を投入するのはやめるべきだ。