2009 年 3 月 5 日 のアーカイブ

医療

2009 年 3 月 5 日 木曜日

今日は、医療の研究者に議員会館にご足労いただき、医療制度の抱える様々な問題点について、意見交換を行った。

終末医療、僻地医療、救急医療、小児、産科の問題など。本当に様々な論点がある。「国民の生命、身体、財産を守る」という政治の主目的からすれば、本当に大きな問題だ。

特に地域によっての医療格差、医療費負担の格差の問題を非常に重要視している。例えば小児医療費の問題。現在は国が最低限の制度を定め、自治体がそれぞれ上乗せを行っている。いわゆるナショナル・ミニマムをきめる制度になっているわけだが、生まれた場所によって、差があるというのはいかがなものか。本当はナショナル・スタンダードを定め、どこで生まれても、同じように医療を受けることが出来るような制度設計が必要だと、私自身は考えている。

今日も夕刻から同僚議員、記者さんと懇談。自民党の情報、民主党の情報を問わず、様々な情報が錯綜している。惑わされないようにしたい。