2009 年 4 月 13 日 のアーカイブ

議長声明

2009 年 4 月 13 日 月曜日

北朝鮮のミサイル発射に対する国連の対応がほぼ決まったようだ。我が国が当初主張していた決議ではなくて議長声明となった。

ただ、北朝鮮に対する「非難」が明記され、国連決議への違反を認定し、制裁の徹底を図るなど、内容では我が国が主張していた通りの内容となった。方法よりも、内容を重視した結果なのだろう。安保理決議では、「重大な懸念」とか、「遺憾」という表現が使われることが非常に多い。国際社会が全体で出すメッセージであるから、協議の過程で立場の違いが浮き彫りになり、こうした表現に落ち着く。しかし、今回は強い表現となった。まさに、国際社会が、北朝鮮のミサイルにどれほどの脅威を持っているかという証でもある。

タイで行われた日中首脳会談では、この問題で大きく予定時間をオーバーしたと伝えられている。漏れ聞くところによると、麻生総理は相当、突っ込んだやりとりをして、かなり激しくやりあったそうだ。さすがだと思う。後は、調子が出てきたときの「失言」が出ないように、祈るばかりだ。

本日は、党県連の支部長会議や、行徳地区の後援会長会議など。

国会見学に多くの方をつれてきていただいたり、地元で多くの方を紹介していただいた行徳の吉田正孝さんが亡くなられた。心からご冥福をお祈りします。