2009 年 5 月 27 日 のアーカイブ

ミサイル基地を叩けないのか?

2009 年 5 月 27 日 水曜日

核実験を行って北朝鮮。ミサイルも持っていて、核弾頭の開発に成功してもおかしくない状況ではないか。万が一に備え、迎撃のシステム、体制というものを本当にしっかりと整備せねばならない。

一方、もっと確実なのは、発射の前に叩くことである。もちろん、どんどん先制攻撃をしろなどとは言うつもりはない。

しかし、北朝鮮を取り巻く、日本、中国、韓国、ロシアという国々の中で、かの国が最も敵視しているのは、我が国ではないか。そんな状況下で、何をするか分からない国はすぐそばにあって、その国が核とミサイルを持っている。これが我が国のおかれた紛れもない現実である。

抑止力として、このミサイル基地を叩く能力を持つことは必要なのではないか。もちろん、使わないにこしたことはない能力である。しかい、我が国が、いざという時にはミサイル基地を叩く能力を持っているのだということを、示すことは大事なことだ。

持つ、持たないの議論と、使う、使わないの議論は全く別のものであるべきだ。国民の生命、身体、財産を守る義務を負っているのが国家である。であるならば、その義務を確実に果たすためには、あらゆる手段を講じることが必要であろう。

今日は地元にて、あいさつ回りのほか、ゲートボール協会総会、行徳地区の後援会の役員会などを開いていただきました。