2009 年 6 月 のアーカイブ

党人事

2009 年 6 月 30 日 火曜日

党の役員人事や内閣の補充をやるとか、やらないとか、いろいろな方が様々なことを言われている。まあ、思いや意見を表明するのは良いが、やるなら協力するだの、しないだのまで言及されている。

人事権は組織としてだれにあるのか。新総裁の選出からまだ、1年もたっていない。それなのにこれでは、なんなのだ。自民党という組織の一員であるならば、特に国民の皆様の審判を仰ぐ総選挙を目前に控え、一致団結して、事にあたるのが、組織として当然ではないか。

自民党ではなく、自分党だというならば、どうぞ勝手にやられたらいい。出て行けばいい。自民党の支持率を落としているのは、ほかならぬ、自民党自身だ。こうしたゴタゴタが続く政党が、飽きられるのは当然だ。党が団結して、景気対策を始めとする様々な課題に対処することこそ、要である。今こそ、一致結束する時のはずだ。

今日は、国会。来客や官邸での打ち合わせなど。

夕方から地元でお通夜に出席しました。

市長選

2009 年 6 月 29 日 月曜日

各地の市長選挙で「異変」が相次いでいる。若い・新人候補が軒並み票を伸ばし、横須賀市長選挙では与野党相乗り候補を破って当選してしまった。

もう、与野党関係なく、既成政党に対する批判、不信がきわまっているということなのだろう。自分自身が政治家としてどういう信念を持ち、活動しているのか。それをどうやって実現し、具体化する行動をしているのか。政党に関係なく、それが問われているということだ。

朝は駅頭。国会報告の配布。

終了後、夕方まで選挙区内をあいさつ回り。夜は松永おさみ・市川市議の後援会総会。打ち合わせ。

自衛隊父母会

2009 年 6 月 28 日 日曜日

市川市の自衛隊父母会にお邪魔。自衛隊を取り巻く環境が年々変わり、役割が増大する中で、現役隊員を支えていただいている皆様に、感謝のごあいさつを申し上げました。

また、3月13日のソマリア沖海上警備行動の発令以来、先日の海賊対処法案の成立に至るまで、3か月あまりにわたり、不安定な立場での派遣になってしまったことに、国会の一員として、お詫びを申し上げました。

今日も終日、地元にてあいさつ回り。

電気の勉強会にもお邪魔しました。現在の日本の電力供給は100ボルト。これを200ボルトにしようという勉強会。電力料金の引き下げにつながることや、CO2の排出量現象による環境への好影響など様々なメリットを伺いました。

非常に面白い観点でもあるので、これから勉強していきます。

行徳で、松井努市議を囲む懇談会に出席後、信篤地区の後援会幹部会を開いていただきました。

ガールスカウト

2009 年 6 月 27 日 土曜日

ガールスカウトの千葉県支部市川浦安地区の創立記念行事が、行徳にて。あいている時間で立ち寄らせていただきました。「おにぎり」をテーマに、様々な角度から、人間として大切なことの講演。途中までしか在籍できませんでしたが、非常に面白く、ためになる講演会でした。

今日も、あいさつ回りに駆け巡りました。

夕方からは浦安後援会の幹部会も開いていただきました。

貨物検査特別措置法

2009 年 6 月 26 日 金曜日

国連による北朝鮮の制裁決議の根拠法である「貨物検査特別措置法」。この国会に提出が予定されている。この法案はなんとしても、通さねばならない。

我が国は北朝鮮のミサイル発射、核実験以来、国際社会に対し、北朝鮮に厳しい態度で望むべきだと一貫して主張してきた。その我が国が、決議による制裁の根拠法すら定められないようでは、日本はあれだけ言っておいて、なんなのだとという話になりかねない。

残された国会の会期は少ない。骨格はきちんと残しつつも、野党の主張にも一定の配慮をし、早期成立を目指さねばならない。

朝の駅頭から地元であいさつ回り。様々に激励、意見をいただく。

夕方から千葉市。神道政治連盟の懇談会。

総理の記者会見

2009 年 6 月 25 日 木曜日

麻生総理が日本記者クラブで記者会見。解散について、「そう遠くない時期に判断する」と言及した。明日の新聞、テレビは大騒ぎするだろうが、いずれにしても、もう3か月もない話。あまりあたふたするような話ではない。

それよりも、内閣発足以来、景気対策を積み上げてきて、いくつか明るい指標も出てきた。経済対策は評価されにくいというが、こうした政策がきちんと評価されるのか。街中の景況感は、まだまだ良くない。底を打ちつつあるのは、与党の経済対策も効果があったのだということについて、どういう評価がなされるのか。そこを注目したい。

衆院本会議。商店街の活性化のための事業活動促進法案、クラスター爆弾禁止法案、ブルネイ、、カザフスタンとの間の租税条約、北朝鮮船舶の入港禁止法の延長などを可決。

公務員制度改革法案も審議入りしました。

議員会館で動画の撮影をした後、地元へ。

市川駅南地区後援会の国政報告会。ありがとうございました。

今日は国会見学の皆様と懇談し、議長公邸も見学なされた。こうして生の国会の姿を見ていただくことは、大変にありがたい。

出馬依頼

2009 年 6 月 24 日 水曜日

我々自民党の選対委員長が、東国原・宮崎県知事に出馬の要請をしたとか。知事職を一期、まだ務めきっておられない。

誠に情けない話ではある。そこまで人材がいないと思っておられるのか。そんな党であるのならば、とっくに無くなっているだろうに。

その席上で、「総裁候補なら」。頼むほうも頼むほうなら、こんな答えをする方もする方だ。呆れかえって・・・。

こんなことに振り回されず、黙々と自分の仕事をするだけだ。というか、こんな党では、国民から馬鹿にされるだけであろう。

日本会議

2009 年 6 月 23 日 火曜日

日本会議千葉の市川支部を作ろうとしてくださっている有志に集まっていただき、下準備の会合を行いました。

日本会議は、日本の伝統と文化を尊重し、健全な精神、国家の独立と豊かさを目指している国民運動体。その日本会議の千葉に、私も所属しています。

その日本会議の地域ごとの活動の母体となるのが地域支部。市川にも作ろうということで、準備が進んでいます。メンバー予定者には、大変なご苦労をおかけしていますが、何とか成功させたいものです。

今日は駅頭や議員会館への来客、官邸での打ち合わせなどでした。

骨太方針を受けて、いろいろと騒がれていますが、社会保障という国民生活の最低限の保障を行う分野について、「無駄はいけないが必要なものは出す」という姿勢を崩してはいけません。必要なものまで削ってしまえば、最低限の保証が成り立たなくなる。正しい判断であったと確信しています。

タオ

2009 年 6 月 22 日 月曜日

浦安市で障害者の就労支援を行っているNPO法人「タオ」の設立5周年記念パーティー。体格の良い西田理事長の強烈なリーダーシップで、様々な事業を手がけている。

ごあいさつに立った。自立支援法の改正も含め、この団体に参加されている方々から教わったことは非常に多い。

この国会に、障害者自立支援法の改正案が提出されている。応益負担から応能負担へ、障害別、重度別施設から地域別の施設へと大きくカジををきる内容だが、未だ成立を見ていない。このことをわびつつ、さらなる努力をお誓いした、

土砂降り

2009 年 6 月 21 日 日曜日

朝から大雨の一日。

ボーイスカウトの野外イベント、平田の諏訪神社の獅子供養はびしょ濡れになりながらのイベントになりました。

このほか、千葉土建組合などの会合にお邪魔。

夜は浦安市の辻田明市議会議員の副議長就任のお祝いの会にてごあいさつ。