2009 年 6 月 11 日 のアーカイブ

公共放送

2009 年 6 月 11 日 木曜日

NHKのジャパンデビューという番組をご存知だろうか。開国から150年。明治から欧米列強に追いつけ、追い越せという風潮の中で、いかに我が国が、孤立していき、戦争への道を突き進んでいったかということを検証するのが趣旨らしい。

1回目の放送で、台湾が取り上げられた。現地のインタビューでいかに日本がひどいことを押し付けたか、、そして博覧会における人間動物園なる出品で、現地の人を見世物にしたなどとのたまわっている。

放送後、インタビューに応じた台湾の方が、特定の部分だけが編集、放映され、意図とまったく違っているということを述べられている。そして人間動物園に関しても、欧米の国が植民地の人たちを、裸に近い格好で、見世物にしたのとは違い、民族衣装を身に着け、民族舞踊を疲労したのだということも、明らかになった。

NHKによる意図的な報道、捏造、恣意的といわざるを得ない。映像を検証すると、その他にも、サブリミナル的な効果の使用もあった。

公共放送がこれでいいの?大いに疑問。ということで、有志の議員によって、公共放送のあり方を考える会をスタートさせた。勉強会を通じて、我が国にふさわしい公共放送のあり方を考えていく予定だ。

今日は、大勢の来客をいただいた。

衆院本会議も開かれた。衆院憲法審査会の規定案などを可決。

夕刻から地元。菅野にて、後援会の設立準備会を開いていただきました。