2010 年 7 月 のアーカイブ

ねじれ

2010 年 7 月 31 日 土曜日

国会がスタートした。以前とは逆のねじれ国会。民主党はどう出てくるのか。
前回のねじれでは、民主党は不同意、否決を連発した。日銀総裁の空席まで生んでしまった。
「野党と話し合って、運営していきたい」。民主党の弁である。「どの口が言っているのだ」という感じだ。人事をさんざん、政局でもてあそんで。政権をとったら、ようやく大変さが分かったようだ。
あらゆる面で準備不足を露呈しているといわざるを得ない。政権担当能力はない。
自民党も、去年までの民主党と同じように、何でも反対、何でも政局ではなく、きちんと対応せねばならない。認めるべきは認める、反対すべきは理由を明らかにする。それが次の道を開くことにもなると確信している。

連休明けて

2010 年 7 月 20 日 火曜日

3連休。いかがお過ごしでしたか。様々なイベント。少々、日焼けいたしました。
参院選のお礼が続いています。自民党は確かに改選議席では一番の議席を取りました。しかし、これは選挙制度によるところが大きい。
選挙区での得票も、比例区の得票も民主党に及ばなかったのが事実です。全然、足りません。浮かれている場合ではないのです。
国を危うくする民主党の政策に、NOを突きつけるだけではなく、我々はこうするという思いを、ぶつけていかねばなりません。
この夏こそ、本当に地域に根ざし、国家観を持っているかどうか。真価が問われる時でもあります。

御礼

2010 年 7 月 12 日 月曜日

参院選挙にあたり、お手伝い、ご支援をいただいた皆様に、心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

菅総理は、消費税をめぐる発言を敗因としてあげました。しかし、世論調査を見れば、消費税そのものに対する反対はそれほどでもないはずです。

鳩山前総理の普天間をめぐる迷走、「日米安保が大切なことが、分かった」という発言。そして、菅総理の一連の消費税発言。これは政策そのものよりも、民主党自体がぶれた。政権担当する準備が十分でなかったことを示しているはずです。総理になってから、やることを考えたということ、課題に対する認識を総理の座についてから思い巡らせた。それが見透かされたのではないでしょうか。

総理というのは手段。それを持って、何をやるかが大切なはず。それが出来てなかった。それを国民が見抜いたといわざるを得ません。

ただし、自民党もその受け皿として十分に信頼を勝ち得ていない。総理がころころ変わり、発言もころころしたのは事実。ぶれない、確固たる政策を訴え続けて、自民党はぶれなくなったなあと思われて、初めて再スタートが切れます。

政治への信頼感、政治の安定感。ぶれないこと。頑張ります。