2011 年 7 月 のアーカイブ

謝罪?

2011 年 7 月 25 日 月曜日

民主党がマニフェストは実現できないと謝罪したそうです。
よく見ると、何をどう謝罪したのか。全く明らかになっていない。それどころか、やれることはやってきたと開きなおる始末。
マニフェストを撤回するなら、選挙をやり直さねばならぬ。形だけの謝罪で公債特例法を成立させるなど、もってのほか。
少なくとも、全面的に見直すのだというのであれば、見直しの具体案を提示して、それから議論を開始するべきのなのに、それも出来ない。
選挙で詐欺を働いておきながら、全く反省していない。裁判ならば厳罰に処されるべき話。
とにかく、だめならだめで、マニフェストを出しなおす。スタートはそれからでなければならない。
総理が3つの条件を満たせば辞めるといっているのだから、この条件を満たすために野党に協力しろなんて、全く矛盾したむちゃくちゃな話だ。党内のごちゃごちゃを野党に責任転嫁して、逃げ切ろうなどと姑息なやり方をしている。
正義の審判をみんなで下さねばなりません。

ちゃんねる桜

2011 年 7 月 22 日 金曜日

昨日、ちゃんねる桜の対談番組を収録してまいりました。放映は今日の午後10時からです。
中山恭子参院議員、作曲家のすぎやまこういち先生との対談。
震災対策、現政権の優先順位が間違っていること(自然エネルギーなどは、確かに大事だが、生活再建のほがより優先順位は高い)などという国内の話。
そして、2012年、米国、ロシア、韓国で大統領選、中国もトップ交代。こうした重要な時期にわが国も本格政権にバトンタッチしなければ、とんでもないことになる。などなど。
あっと言う間の収録でした。
CS放送を視聴できる方、ぜひご覧いただき、感想をいただければ幸いです。

日中科学技術協力会議

2011 年 7 月 19 日 火曜日

大雨に見舞われた今朝の駅頭でした。
この週末、中国の西寧での日中科学技術協力会議に出席してきました。
植林など環境問題への対策、高齢化問題、自然エネルギーの話。議題は多岐にわたり、予定時間を超える会議となりました。
中国側の民間企業の経営者らは、震災後の原発問題について、「なぜ、東電でやっているのか。今回の原発問題は、まったく日本政府に問題があるように感じられる」との指摘もありました。
私自身の最たる目的は、中国の黄砂地帯における植林をこれからも進めて、わが国への黄砂の飛来、はては健康被害を少しでも減らすことにあります。中国側の国家林業局も本気で取り組んでいくようです。
しかし、北京から西寧への飛行機は午後9時発の予定が5時間遅れて、到着は会議が始まる朝。西寧から北京の飛行機も2時間遅れ。参りました。

みんなで

2011 年 7 月 11 日 月曜日

あちこち飛び回っていて、間があいてしまいました。すいません。
東北を何とか助けたい。そんな話、そして自分で動こうとする方々からのご相談を多数、いただいております。
先日、カーレースに携わっている森義治さん、芸能界で活躍されている鼠先輩さんからも、熱い思いを伺いました。
復興にもなり、雇用もうまれる手段。みんなが思いを持って頑張っています。何とか、手助けをしたいと思っています。
それに比べて政界の迷走は・・・。政治がむしろ、復興の妨げになっているのではという思いすらしてしまいます。
出来ることからみんなで。私も頑張ります。