2013 年 4 月 のアーカイブ

部活PT

2013 年 4 月 26 日 金曜日

中学や高校の部活動のあり方について議論している党の部活動プロジェクトチーム。昨日は。科学部と吹奏楽部の先生をお呼びして、お話を伺いました。

あまりの低予算。楽器を先生がボーナスを使って、自腹で購入しているという現状も伺いました。

一方で、ヒアリングを通じて、「面倒だから、部活の顧問はやらない」などという先生もいるらしく。

ヒアリングは今回で一応終え、中間報告の取りまとめに入ろうと思っています。もちろん、体罰に関する書き込みも行います。一方で、教員採用の時に、部活に対する意欲などを評価項目にできないかといった内容も盛り込もうと思っています。

そして、熱心にやっている先生をきちんと評価する仕組みを作らなければなりません。来月中には提言をまとめたいと思っています。

教科書

2013 年 4 月 10 日 水曜日

教科書検定の結果が公表されました。不合格となった教科書や取り下げとなった教科書も出ました。

一方、学習指導要領の改訂で、内容の充実が図られ教科書のページ数は約15%増加したそうです。脱ゆとりの流れが加速していることを歓迎し、さらに進めていきたいと思います。

ちなみに、検定で意見のついた信じがたい記述を1つ紹介しておきたいと思います。こんな教科書で子供が学ぶと考えるだけで恐ろしい。自衛隊に関する記述です。

周辺事態法、テロ対策特措法、イラク復興支援特措法の3法が制定され、自衛隊は専守防衛、自国防衛のためのものから、自国以外の公海や外国の領域で活動できる軍事力へと質的な転換を遂げた。これらの変化に対しては、日本の集団的自衛権の行使と自衛隊の海外派遣を禁止した憲法や安全保障政策の原則に反するとの批判をまぬがれない。

意見がついて当然。特定の思想を押し付けるような極めて恐ろしいものだ。しかし、こんな教科書が堂々と検定を受けていることもまた、現実です。

教育再生

2013 年 4 月 8 日 月曜日

党の教育再生実行本部の役員で官邸に安倍総理を訪ね、本部でとりまとめた提言を手渡してまいりました。

「国づくりは人づくり」との意識で、学制改革、大学入試の抜本改革、新しい人材確保法(先生の人材をいかに確保するか)、学力向上などについて議論をしています。

今回取りまとめたのは、学力向上について。結果平等主義から脱却し、トップを伸ばす戦略を行うこと。学びなおし、土曜日の活用によって、底上げを図ることを目指します。

日本人としてのアイデンティティーや日本の伝統、文化に対する深い教養を前提としたうえで、3つの分野の提言を行いました。

1、英語教育の抜本改革2、理数教育の刷新3、国家戦略としてのICTの3本柱です。

大学において、実用的な英語力を受験資格とすること、小学校に理科の専任教員を配置することなどを盛り込みました。

台湾

2013 年 4 月 2 日 火曜日

昨晩、若い国会議員5人で、台湾の駐日経済文化代表処を訪問し、沈代表らと意見交換を行いました。

東日本大震災における台湾の方々の我が国への支援は非常に記憶に新しいところ。また、先日の台湾中部で地震については、自民党青年局を中心にして、支援の申し出を行っています。

自由・人権・民主主義という基本的な価値観を共有するもの同志が連携をして、繁栄を築いていく。そんな外交政策を展開していきたいものです。

さて、今日の衆院は予算委員会の集中審議。私は安全保障委員会の一般質疑です。

新年度

2013 年 4 月 1 日 月曜日

朝から新しいスーツに身を包んだ新人さんたちとすれ違い、4月だなあと感じるスタートです。新年度です。

国会は今日も予算委員会。今年度の予算の審議が続きます。審議を迅速にやっていかなければなりません。

明日と金曜日はテレビ中継の入る集中審議。いよいよ佳境を迎えます。