2014 年 7 月 のアーカイブ

拉致被害者の新たな支援へ

2014 年 7 月 23 日 水曜日

5月から、事務局長として取り組んできた拉致被害者支援プロジェクトチームの中間報告がまとまり、今日の拉致問題対策本部の会議に提出しました。会議では異論なくまとまり、明日、官邸にて安倍総理に提出いたします。

チームでは毎週のように議論をし、福井県や新潟県に拉致被害にあわれ、帰国された方からのヒアリング、家族会や救う会、特定失踪者問題調査会の皆さんからも意見を伺い、まとめることができました。

①拉致という国家的犯罪にかんがみ、できる限りの支援措置を講じる②今後想定される様々なケースに対応できること③被害者の円滑な帰国、定住に寄与すること。を基本的な考え方として、まとめたものです。

具体的には新たな老後の支援策を恒久措置として設けること。夫婦のいずれかが60歳に達した時点から老後の支援を監視すること。

また、新たな被害者の帰国に向けて、成人している子息への支援や、65歳を超えて帰国される場合の支援などを盛り込みました。

今後、提言を立法化する作業を進めていき、来年春の現行支援の期限切れまでに成立を期します。

集団的自衛権

2014 年 7 月 14 日 月曜日

今日は終日、衆院予算委員会の集中審議が開かれておりました。国会閉会中とはいえ、非常に重要なテーマだけに、きちんとやっていかなければなりません。

委員会の質疑を聞いていて、まだまだ理解を深めていただく努力をしなければならないことを感じました。

閣議決定ですべてが決まるわけではありません。これから、政府は関連する法案の全体像を示し、それを国会できちんと審議して、成立して、様々なことが可能になります。そのプロセスを丁寧にやっていかなければなりません。

いずれにしても、秋に召集される予定の臨時国会でも、議論が行われることになります。

拉致

2014 年 7 月 10 日 木曜日

国会は終わりましたが、なんだかんだと会議があり、連日、議員会館に来ております。

昨日は拉致被害者支援プロジェクトチームの会合がありました。福井県、新潟県でのヒアリングを受け、また、新たな帰国者を想定した支援策をまとめつつあります。

今日は衆院拉致問題に関する特別委員会の理事懇談会が開かれます。

閉会中とはいえ、気を緩めることなく、頑張っていきます。