出馬依頼

我々自民党の選対委員長が、東国原・宮崎県知事に出馬の要請をしたとか。知事職を一期、まだ務めきっておられない。

誠に情けない話ではある。そこまで人材がいないと思っておられるのか。そんな党であるのならば、とっくに無くなっているだろうに。

その席上で、「総裁候補なら」。頼むほうも頼むほうなら、こんな答えをする方もする方だ。呆れかえって・・・。

こんなことに振り回されず、黙々と自分の仕事をするだけだ。というか、こんな党では、国民から馬鹿にされるだけであろう。