豪雨被害

山口県や九州で、豪雨の被害が相次いでいる。本当に短時間に集中的に雨が降って、被害が出るのが大きな特徴だ。

地域の関係なく、集中豪雨対策は大きな課題だ。都市部においても、排水能力を超えた雨が短時間に降れば、当然、被害が出る。農山村、特に林地の整備をきちんとやって、保水能力を高める長期的な国土形成のビジョン、それから、中小河川などから大規模河川への排水能力を高める短期的な整備が必要だ。

朝からあいさつ回り。

正午、市川南口のふるさと祭り開会式。

街おこしのチャリティーライブに出席のあと、再び、あいさつ回り。

夕方からは市川地域の盆踊りをめぐりました。