普天間

恐れていた展開になりつつある。

政府内の発言が二転三転し、方向性が見えなくなってしまった。あの合意は、自民党と共和党で交わしたものではなく、日本国とアメリカ合衆国が交わしたものだ。政権が変わったなどという国内事情で、変更してよいものではない。

日米関係に亀裂が入ったこと自体も、大きな懸念材料。加えて、諸外国から見たら、日本という国は平気で国家と国家の約束を反故にするのだという前例を作ってしまうことになりかねない。大きく国益を損ねたといわざるを得ない。

今からでもいい。なんとしても年内に決着すべきである。