批判よりも

鳩山内閣の支持率が下落している。まあ、迷走を見れば当然だろうし、そろそろご祝儀も終わりといった時期なのだろう。

批判すべき点は、きちんとモノ申さねばならない。それは野党として当たり前のこと。加えて、与党に復帰しようというのであれば、「我々ならこうする」という提言を、もっと声を大にしてやっていかねばなるまい。

予算だって、対案をどんどん示せばいい。修正案を提出したっていい。逆に賛成できる「これはいい」という法案ならば、審議をむしろ迅速化させ、早期成立を図る度量を示したっていい。野党になったからといって、野党時代の民主党がやっていたような、愚かとしかいいようがない抵抗戦術はすべきでない。