為替

今度は、菅財務相だ。為替相場に関する発言である。

前回は藤井財務相が「円高容認」発言をして、為替相場に影響があった。今度は菅財務相の「円安誘導」発言である。

そもそも為替相場は市場原理にゆだねるのが大原則。当局の介入は限定的であるべきだ。にもかかわらず、財務当局の最高責任者が、二代続けて、軽々にこうした発言をするなど信じられない。発言が与える影響を理解しているのだろうか。

市場関係者や輸出、輸入関連企業の人たちが、どのような思いで、毎日為替とにらめっこしているのか。慎重さと責任感を肝に銘じていただきたい。