上海万博

開会式に行ってきました。
開催地の住居をどかす前、整地の後と見てきただけに、中国のパワーを感じた思いです。わが国が今、これだけの力を出せるか。本当に危機感を感じねば。
これでもかという演出と花火。万博を国威発揚の場、外交に利用しているのは間違いない。日本もこのしたたかさは見習わねば。
関係者から一様に指摘されたのは、鳩山政権の外交的な非礼。一度は行くと行った総理。開会式直前になっても、招待者リストすた提出しない政府。日本人として情けない。何が政治主導だ。混乱させているだけじゃないか。
まあ、日本語も英語も通じない日本食レストランは笑ってすませるとしても、あれでは、来場者をさばききれまい。すでに報道されている混乱。やはり中国人は中国人でした。