祝日

敬老会にあちこちお邪魔していて思う。祝日とは。3連休を増やすとやらで、祝日が月曜日とされてから、しばらく経つ。しかし、これは失敗なのではなかろうか。
祝日はその日がわが国にとって、意味があるから祝うのである。それが、単なる休日とかしてはいないか。
このまま行けば、10月10日が、戦後の日本にとって、どのような日であったかを知らずに育っていく子供ばかりになりはしないか。祝日の意義をもう一度、見直さねばならぬ。
外国人参政権しかり、領土の話しかり、別姓しかり。日本が日本でなくなってしまうような。
改めるべきは、果敢に改め、守るべきは断固守る。それが、保守たらねばならぬ。