家屋

県議選告示。自粛ムードの中、選挙戦がスタートしました。震災からの復興を担う県議を決める大事な選挙でもあります。
その震災からの復興。液状化の影響で傾いた家屋が多数あります。復旧に向け、様々な手立てを講じねばなりません。ジャッキで持ち上げるのか、薬剤を注入して傾きを直すのか。様々あります。
全壊、半壊と認定されない家屋についても、傾いた家に住むなんてことは出来ません。そこの部分についても、公的支援が必要でしょう。検討を始めています。
明日、浦安市に小泉進次郎衆院議員が視察に参ります。先ほど、話をして、だいたいの日程を決めました。
午前10時に浦安市災害対策本部。松崎市長から説明をいただいたのち、市内を1時間半程度見ます。液状化の被害が出ている地域や護岸、駅前などを回る予定にしています。