新体制を

辞めると表明した総理がいつまで居座るつもりなのだろう。
もう辞めていく方の組んだ予算、それに対する答弁、そして、外交案件。だれが信用するのだろう。
一刻も早く新体制にならねばならない。
補正予算が成立したらとか、公債特例法とか、そんなのは関係ありません。災害復旧をどういう体制でやれば、一番スムーズにできるかを考えるべき。少なくとも、退陣表明した総理がずるずる居座れば、それだけ復興が遅れる。そして国益が損なわれる。
その総理を引きおろしにかかっているのが、与党執行部。政府・与党という言葉は今の政権にはあてはまらないのだろう。