予算委員会

政権発足後、初めての臨時国会がもうすぐ開かれます。
与野党協議、官僚や経済界への協力要請。知恵を結集して、震災復興を始めとする難題に立ち向かうという姿勢に見えます。
ならば、なぜ、会期を短くして、予算委員会すら開かないなどということになるのでしょうか。
与野党協議も確かに手段の一つでしょう。しかし、本来ならば、位置づけのはっきりしない協議などというものよりも、予算委員会を堂々と開き、議論をやり、方向性を見出していくべきなのではないでしょうか。
解せません。
そもそも、「不完全内閣」だから予算委員会を開かない。こんな理屈はありません。めちゃくちゃです。
内閣に当事者能力がないと、みずから白状しているようなものです。
「見える」場所での議論を尽くしていくことこそ、国民の理解を得る第一歩。当たり前の話なんですが・・・。