論戦

国会も本格的な論戦がスタートしました。街のあちこちで、聞かれるのが、「何で予算委員会なのに、関係ないことばかりやっているのだ」と。
確かに名前と中身が一致しているかと言われれば、そうではないと言わざるを得ないのでしょう。
一方で、内閣の基本的な政治姿勢などを総合的に質疑し、論議する場も必要であることは疑いがありません。予算委員会という名前が、国民の皆さんから見れば、分かりにくくしている一因かもしれません。
もっと党首討論など場を活用すべきです。与野党の協議で日程がまとまれば、党首討論をやるというのではなく、開くことを定例にすべきです。
こんなことから国会を少しずつでも、分かりやすい場所にしていかねばなりません。