年金

年金の支給開始年齢を引き上げるという話が出ている。
急速な少子高齢化の進展。大きな意味では、やむを得ないと思う。
一方で、国民年金の収納率の低下、生活保護との整合性、無年金問題など整理しておかねばならない課題も多い。
特に生活保護の金額が年金よりも多いという問題は、モラルの低下とあいまって、収納率の低下、ひいては年金財政の圧迫につながっていると言える。ここの整合性を確保しない限り、年金改革への理解は得られにくいのではないかと思う。
また、年金は老後の貴重な生活資金。支給開始年齢を引き上げるならば、高齢者雇用政策と連動させ、収入のない時期はないのだという制度を作られねばならない。
退職の時期と年金を受け取り開始の時期を連動させるような新制度の検討も必要だろう。