臨時国会

今日も行事が目白押し。
しかしなぜ国会を開かないのでしょうか。法案を責任をもって通していくのは、与党の仕事です。マニフェストもうそ、国会解散もうそ。法案が通らないのは野党のせいだから、国会は開かない。これなら、やめたほうがいい。
わがほうも、震災復興や国民生活に影響が出る法案に関しては、人質にとることはやめる。そして、今の与党には全くない「国のあり方」についての政策議論を堂々と戦わせればいい。
特例公債法案は予算案と切り分けるのをやめるべきです。悪しき先例となって、混乱の要因を毎年作るようなものです。