審議拒否

月末にも臨時国会が召集される予定だとか。遅きに失した感はあるし、もう大臣が辞任するなど、政権は末期症状。まあ、いまさら、民主党批判をしても仕方がないが。
国会が始まれば、わが党は堂々と審議に出るべきだと思う。
審議を通じて、批判、問責を無視する厚顔ぶり、復興の遅れ、外交や安全保障の無能ぶりを堂々と指摘すればいい。そして、次に政権を担おうとする政党の責任として、政策をどんどん、示していけばよいのだ。
審議拒否も、確かに国会戦術かもしれない。でも、今はそんなことをしている場合ではない。