活動報告

拉致特にて初質問

 拉致問題に関する特別委員会で、初質問に立ちました。

 町村外務大臣らに、6か国協議を受けての日朝協議の見通し、政府のスタンスなどを伺いました。町村大臣からは、「6者協議が次回は11月に開かれる予定である。その前に日朝の話し合いが行われるのは常識的であろうと考えている」との答弁をいただきました。そのうえで、遺骨の問題もあり、協議にはぜひとも強い態度で臨んでいただきたい旨を申し上げました。

 また、経済制裁については、日朝間の貿易量の減少や、1か国による経済制裁は、諸外国の例を見ても、効果が少ないことを踏まえても、諸外国に対する日本政府の姿勢を示す上でも、発動すべきと発言いたしました。町村大臣からは、国連で人権問題が取り上げられていること、制裁については、韓国、中国から否定的な反応が返ってきているとの答弁がありました。

 これからも拉致問題の完全解決に向け、活動してまいります。


一覧に戻る