活動報告

伝統と創造の会を設立

 2月10日、自民党1年生議員有志による政策勉強会「伝統と創造の会」を設立いたしました。会の趣旨は、「守るべきものを守りながら、新しい日本国家を創造していく」ことにあります。趣旨に賛同する34人の新人議員が入会しました。

 マスコミなどで「小泉チルドレン」などと呼ばれている1年生議員ですが、様々な問題を色のついていない我々が、様々な角度から検証し、あるべき国家の姿を作り上げていこうとするものです。そのため、皇室典範問題、教育基本法の問題などについて、勉強会を行いつつ、議員立法も考えていこうとする集まりにしました。

 日本は歴史上、様々な困難に直面してきましたが、そのたびごとに、我々の先人たちは、国家として守るべき、大切な伝統や文化を守りつつ、新しい国家を創造してきました。そうした先人たちに学びつつ、今必要な改革を、加速させていくとともに、世界に誇れるような我が国の伝統は守っていこうと考えています。


一覧に戻る