活動報告

エレベーター事故現場を視察 ~事故は人災か~ 2006年6月

 2006年6月3日、港区で大変痛ましい事故が発生しました。都立高校2年生が、マンションのエレベーターに挟まれ、亡くなられました。心より、ご冥福をお祈りするとともに、国土交通委員として、事故の原因究明を進めなければなりません。

 私も毎日、エレベーターを利用します。都市部のマンションに住んでいる方、会社に勤務している方、デパートなどに買い物に行かれる方。もはやエレベーターは、国民の必需品ともいえます。そのエレベーターが安全でないとなると、国民の間に大きな不安が広がります。

 今回の事故は、高校生がエレベーターから降りようとしたところ、エレベーターが急上昇し、全身圧迫などで亡くなられました。なぜ、扉が開いているエレベーターが動いたのか。本当に人ごとではありません。

 当該エレベーターは、シンドラー社という会社のエレベーターで、保守、点検はSEC社に委託をされていました。

 視察では、両社の技術者からも同じ場所で、お話を伺いましたが、耐震偽装事件のような、責任のなすりあいの場面もあり、「一番大切な安全への意識はどうなっているんだ」との思いを強くしました。

 シンドラー社は、エレベーターの保守、点検マニュアルについて、「要求されていないから、SEC社に出していない」と回答しました。一方で、「エレベーターにより、保守、点検のやり方は異なる。マニュアルも教育も必要だ」と回答しました。必要と分かっているにもかかわらず、当然やるべきことをやっていません。

 また、SEC社は、「マニュアルは要求していない。エレベーター各社のOBが我が社にあり、マニュアルがなくてもメンテナンスは出来る」と回答しています。こちらも、マニュアルをもらうという、当然やるべきことをやっていないと言えます。

 視察で伺った範囲では、明らかに人災であると言えます。このようなエレベーターがほかにもないのか、国交省は早急に調査する必要があると考えます。


一覧に戻る