活動報告

総裁選報告 2008年9月

 福田首相の突然の辞任を受け、自民党総裁選が行われました。2年連続でこのような形になってしまったことについては、私自身も情けないし、皆様に心からお詫びを申し上げます。


 総裁選ですが、私が支持した麻生太郎候補に加え、石原伸晃候補、小池百合子候補、石破茂候補、与謝野馨候補が立候補され、全国各地で論戦を繰り広げました。小沢代表が無投票で決まってしまった民主党と違い、候補者の信条や政策を比べることが出来る良い機会でした。


 私自身は前回同様、麻生陣営のスタッフとして、候補者随行を主に担当しました。麻生さん自身の政策と裏付けとなるデータの整理、各地の演説や討論会に向けての準備など、自分自身、非常に勉強をさせてもらいました。


 各地の遊説の多くに同行させてもらい、各地の議員さんや演説を聴きに来てくれた人たちとの会話は、非常にためになりました。釧路、札幌、秋田、岩手、大阪、高知、島根、岡山、佐賀、熊本、鹿児島で、それぞれの主張を伺いました。


 おかげさまで麻生さんが総裁となることになり、喜びもひとしおです。今後は麻生内閣を全力でお支えしたいと考えています。ありがとうございました。


一覧に戻る